デリケートゾーン VIO 自己処理

デリケートゾーンの自己処理方法

デリケートゾーンの自己処理方法って、
脱毛サロンに通い始めるまで、知りませんでした。
わたしが脱毛サロンに通って得た情報によると、

 

@ まずは長い毛を切る
大きいハサミだと傷つけてしまう可能性があるので、
先端が丸くて、小さいハサミを使用する。

 

先端が丸いはさみ

 

この工程で出来るだけ短くしておいた方が後の処理がかなり楽になります♪
毛が長いままシェービングしていくと、
シェーバーに毛が絡んで動かなくなったりします。

 

A 顔用の電気シェーバーを使って剃っていく
『顔用』というのがポイントです!
デリケートゾーンは狭く、自己処理しにくい箇所なので、
刃が安全で、細かいところまで処理できる顔用が重宝します。

 

B Iラインの処理は鏡を見ながら or 浴槽に片足をかけて
Iラインが一番苦戦すると思います…
私もかなり手こずりました(汗)

 

一番デリケートな部分なので、急がず慎重に片方ずつ剃りましょう。
わたしは鏡を見るより、浴槽に片足をかける方法がやりやすかったです!

 

初めての処理の時はかなり時間がかかると思います…
わたしの場合は初めての処理だったので、
気付けば20分もアンダーヘアと格闘してました。

 

そう思うと、毎日のようにVIOのムダ毛ケアをしている人は大変ですね。

 

なによりも色素沈着が問題!!

時間がかかることも、神経を使うのも憂鬱なのですが、
それよりも気にして欲しいのが、
デリケートゾーンは処理を重ねるほどに
「色素沈着」を起こしてしまう
ということです。

 

T字カミソリ

 

他の箇所より肌が柔らかい分、
カミソリで何度も処理していると皮膚も一緒に削ってしまい、
それが色素沈着に繋がります。

 

光脱毛は黒い部分に反応するので色素沈着していると
より痛みを強く感じてしまう可能性があるとスタッフが言っていました。

 

色素沈着していると見た目も悪くなるので、
VIOの自己処理したくなったら、脱毛を始めるのが本当におすすめです!!

 

また、もう色素沈着しちゃってるし手遅れだわ〜と思っているそこのあなた!
光脱毛は美肌効果もあり、毛根ごと毛が無くなると肌のトーンがアップします。
それにともなって色素沈着も軽減されるので、今より絶対に綺麗になれます♪

 

トップページに戻る★